ジェラート店、アイスショップのテイクアウトの包装資材について

長谷川製作所アイス&カフェ事業部です

5/24新着情報で掲載しました内容の続きです。

先ずは下記内容からです。
コロナ禍でテイクアウトや通販のお問い合わせの御要望が増えていますので
ご参照ください。

●ジェラート店、アイスショップのテイクアウトや通販の包装資材について

❶オリジナル印刷のアイス紙カップを作りたい。
⇒現在コロナ禍でも、少し前からの流れで、食材の高止まりの傾向は続いています。
小さめなカップが人気です。
トーカン製PC60F 日本製H90cc 韓国120cc
通販やテイクアウトが増えてオリジナルのアイスカップの使用量が増えたお店様も多いです。
その時は日本製の大ロット(グラビア印刷)をお勧めします。
すごく安価で品質は高いです。(製造量は多いですが・・)

❷オリジナルのフタを作りたい。ムジのフタが欲しい。
⇒通販やテイクアウトには紙カップ用のフタが必須です。
価格や用途や性能やビジュアルの御要望にお応えして下記をお勧めします。
71口径の紙フタ ②74口径の紙フタ ③71ΦPEかぶせフタ ④74ΦPEかぶせフタ
紙カップとフタの勘合については、専門的知識の有る当社スタッフまでお問い合わせください。

❸フタに貼るオリジナルのシールを作りたい。
⇒アイス用のシールは用途に合った冷食用のり仕様とミラーコート紙をお勧めしています。
配送途中やお持ち帰り中に剥がれるのは避けたいです。
下記ページを御参照ください 
https://hasegawa-s-s.co.jp/original/original-ice/seal-printing-for-ice/

❹テイクアウト用に必要な資材を教えてほしい。(保冷箱や保冷剤)
⇒保冷箱(発砲の箱)でしたらお勧めは ①カップ6個用MI-6 ②カップ8個用YK-8
MI-6、YK-8共に運賃の安い60サイズです。
⇒保冷剤でしたらお勧めは、-18℃保冷剤ハイパー18シリーズです。
用途に合わせて、50g、100g、200g、400gのラインナップです。
ドライアイスは店頭でも無くなっていってしまいますが、保冷剤なら無くなりません。
また配送途中で、再度固まるのがいいところかと思います。

❺オリジナルカップにトップシールをしたいが、どの機械を選べばいいか教えて欲しい。
⇒初めてでしたら、ET-98SかET-999Sがお勧めです。フイルムもご一緒に御提案できます。 

❻アイスやジェラートのお持ち帰りや通販を始めたいが、①から⑤をトータルでコーディネートして欲しい。
⇒アイスカップのオリジナル印刷から失敗しないフタ選び、アイス用のシール作成、アイス用の箱や保冷剤の準備はノウハウや専門知識が必用な分野だと常々思います。良かったら当社専門スタッフまでお声がけください。