アイスジェラート紙カップオリジナル

[海外製]韓国製 アイスカップ小ロット印刷

リーズナブルな韓国製アイスカップのオリジナル印刷品が小ロットから作成できます。商品価格も初期費用もリーズナブルなので人気のある商品です。ジェラートの本場イタリアのジェラートカップと同じで、口径が広めで食べやすく、盛り付けし易くなっています。若干底上げになっていて、盛り付けたアイスやジェラートが多めに見えるのも特徴です。サンプルで印刷の質や使い心地を確かめてください。クラフト紙への印刷も選べます。

規格名最少製造ロットケース入れ数満杯容量   口径サイズ(mm)
H90cc 6000個1000個約95cc74Φ口径73.5x高さ42x底径62
120cc6000個1000個約120cc74Φ口径74x高さ50x底径62
150cc6000個1000個約150cc74Φ口径74x高さ53x底径60
180cc6000個1000個約180cc88Φ口径88x高さ53x底径67
240cc6000個1000個約240cc89Φ口径89x高さ60x底径74
300cc6000個1000個約300cc95Φ口径95x高さ66x底径91
350cc約1万個~都度確認。
ご相談。
1000個約350cc97Φ口径97x高さ77x底径79
380cc約1万個~都度確認。ご相談。1000個約380cc121Φ口径121x高さ50x底径103
474cc約1万個~都度確認。ご相談。500個約474cc95Φ口径95x高さ101x底径73
520cc約1万個~都度確認。ご相談。1000個約520cc124Φ口径124x高さ59x底径103
650cc約1万個~都度確認。ご相談。1000個約650cc124Φ口径124x高さ82x底径98
750cc約1万個~都度確認。ご相談。1000個約750cc124Φ口径124x高さ78x底径104
850cc約3万個~都度確認。ご相談。500個約850cc138Φ口径138x高さ88x底径111
1000cc約3万個~都度確認。ご相談。500個約1000cc142Φ口径142x高さ110x底径113
1200cc約3万個~都度確認。ご相談。480個約1200cc156Φ口径156x高さ86x底径134
1350cc約3万個~都度確認。ご相談。420個約1350cc179Φ口径179x高さ80x底径153
1580cc約3万個~都度確認。ご相談。420個約1580cc181Φ口径181x高さ94x底径153

<印刷についての備考>
〇印刷出来る色:1色からフルカラー。PANTONE特色指定/CMYK(現物合わせなどは要ご相談)
〇テンプレート(ひな形)の有無:有。支給いたします。
〇デザインについて:完全データ支給でお願いします。
〇本紙校正/本機校正:可。
〇版代:お問い合わせください。(デザインにより変動有)
〇納期:デザインご校了後、約30日~45日位。
〇最少製造ロット(最少製造数量):ご希望がございましたらご相談ください。
〇版の保管期間:2年~(規格による場合有。詳細は要ご相談)
〇印刷面のつやについて:コーティング有(つや有り)、コーティング無(つや無し)から選べます。冷凍保管のある場合はコーティング有をオススメしています。(光沢の有る高級感を御希望でしたらつや有り、マットな渋い感じの高級感を御希望でしたらつや無しをお薦めします。)
〇規格にもよりますが、クラフト紙か白色紙から選べます。

 

●海外製アイスカップオリジナル印刷小ロットやジェラートカップオリジナル印刷小ロットでよくある質問

Q.海外製アイスカップの印刷方法は何ですか?特徴は?
A.UVオフセット印刷になります。フイルム版を使っていて版代は安価ですが、印刷のずれが少ない印刷方法です。インクは紫外線で固まるインクを使用しています。写真印刷や細かいデザインの印刷も綺麗に印刷できます。

Q.海外製のアイスカップ印刷品に適合するフタはどのような商品がございますか?
A.アイスカップの場合フタをすることが多いので、よくある質問です。海外製のアイスカップ印刷品 90cc・120cc・150ccは、フタをお求めのお客様が多いのですが、当社製造のハーゲンダッツ風の74口径プラフタや74口径の紙のフタが合います。サンプルで使用感を確かめてください。トップシールの有無にも影響の有る部分です。

Q.海外製アイスカップオリジナル印刷した商品に、アイスクリームやジェラートを充填した後トップシールをしたいのですが大丈夫ですか?
A.トップシールは近年異物混入防止や充填したアイスクリームやジェラートの表面が空気と触れない状態になり酸化防止や乾燥防止を出来る方法として人気が出てきています。紙カップにトップシールをしたい場合、一番適している形状はフラットカールです。フラットカールは紙コップのフランジ部分が平らなのでフイルムの接する部分の面積が広くシール不良が少ないです。それに対して丸カールはフイルムの接する部分の面積が比較的少ないのでシール不良が若干出やすいですが、トップシール機の温度やシールする時間等の調節でトップシールも可能ですし、実践しているお客様もいます。海外製アイスカップオリジナル印刷した商品は基本仕様が丸カールなのでトップシール機の調整が必要かもしれませんね。長谷川製作所アイス&カフェ事業部ではトップシール機の販売もしています。丸カールでトップシールした御客様の経験もございます。トップシール機のお問い合わせも是非お待ちしています。
〇長谷川製作所アイス&カフェ事業部のトップシール機のサイト
 =https://hasegawa-s-s.co.jp/top-seal-machine/